「顎の痛み」「歯の痛み」に悩む方に知っていただきたい、「顎関節症」「口腔顔面痛」についてご紹介!慢性的に歯、歯肉、顔、顎、あるいは頭部や首、肩が痛むといったこれらの症状を総称して『口腔顔面痛』と言います。顎関節症は口腔顔面痛のいち症状です。
『顎の痛み』について、こんなことで悩んでいませんか?
最近、子供が食事の時などに「口が開きづらい」「顎が痛い」など訴えるようになってきて心配している。
新社会人になり、仕事に慣れるのが精一杯だが、最近になって顎からゴリゴリ音がして若干痛みを感じる。
新任マネージャーとして新しい職場に異動し、仕事に打ち込んだ結果成果が出て好調だが、口が開けずらくなった。
夫の転勤で不慣れな土地での生活を始めたが生活になかなか慣れず、食事の時に顎に痛みを感じるようになった。
50代になり久しぶりに歯の治療を行なったが、その時に口を長い時間あけていたためか、顎に痛みを感じるようになった。
過去に顎を外した経験があり、それから顎から音がするようになったが、最近食事の時にだるさを感じるようになった。
ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
顎関節症・口腔顔面痛について詳しくはこちら 浦和吉見歯科情報サイトへ 元赤坂吉見歯科情報サイトへ
実は・・・「顎が痛い」原因は顎そのものではない!?場合があります。

「顎の痛み」を治療したいと考え、スマートフォンやPCを使ってインターネットで検索をしてみると、「顎関節症」についての情報を整体院や接骨院、歯科医院などがそれぞれに、ホームページで情報を発信しているため、どの情報が正しいかわかりにくいという経験をしたことはないでしょうか。

顎の痛みである「顎関節症」の原因は、多岐にわたります。
従来、顎関節症の主な原因はかみあわせの異常と考えられていましたが、最近では顎関節症の原因は多くの要因が絡み合っていてかみあわせの異常は原因の一つにすぎないと考えられています。顎関節症の原因は直接的にあごに負担をかける歯ぎしり、くいしばりなどの本来のあごの機能ではない行動と、そのような非機能的行動を強めてしまう心理精神的背景の要因に分けられます。1日中、睡眠中のくいしばりが筋肉を緊張させ顎関節症の発症に大きく影響しています。次に睡眠中の歯ぎしりは関節に大きな負担をかけて、関節痛を発症させ、顎の痛みとして感じることになります。

「顎の痛み」を治療したいと考え、スマートフォンやPCを使ってインターネットで検索をしてみると、「顎関節症」についての情報を整体院や接骨院、歯科医院などがそれぞれに、ホームページで情報を発信しているため、どの情報が正しいかわかりにくいという経験をしたことはないでしょうか。

顎の痛みである「顎関節症」の原因は、多岐にわたります。
従来、顎関節症の主な原因はかみあわせの異常と考えられていましたが、最近では顎関節症の原因は多くの要因が絡み合っていてかみあわせの異常は原因の一つにすぎないと考えられています。顎関節症の原因は直接的にあごに負担をかける歯ぎしり、くいしばりなどの本来のあごの機能ではない行動と、そのような非機能的行動を強めてしまう心理精神的背景の要因に分けられます。1日中、睡眠中のくいしばりが筋肉を緊張させ顎関節症の発症に大きく影響しています。次に睡眠中の歯ぎしりは関節に大きな負担をかけて、関節痛を発症させ、顎の痛みとして感じることになります。

知っていますか?「歯の痛み」も「歯そのもの」が原因とは限らない!場合が多数あります。

「顎関節症」の原因が顎そのものではないように、歯の痛みが歯そのものが原因とは限りません。最も多いのは、咀嚼筋の筋・筋膜疼痛の関連痛として歯痛が生ずる場合、痛みを脳に伝える神経の機能障害により歯痛が生ずる場合です。また、片頭痛、上顎洞炎に伴うもの、心因性の場合もあります。

その他、口腔顔面領域(歯、歯肉、顔、顎あるいは頭部や首、肩)に痛みを引き起こす頭蓋内の病気や異変の例として、腫瘍、脳動脈瘤、膿瘍、浮腫、血腫、出血などが挙げられます。口腔顔面領域に感じる痛みは、怖い病気の可能性があることを理解しておくのは重要です。もし、思い当たることがあれば、早目に歯科医師に相談することをお勧めします。

「顎関節症」の原因が顎そのものではないように、歯の痛みが歯そのものが原因とは限りません。最も多いのは、咀嚼筋の筋・筋膜疼痛の関連痛として歯痛が生ずる場合、痛みを脳に伝える神経の機能障害により歯痛が生ずる場合です。また、片頭痛、上顎洞炎に伴うもの、心因性の場合もあります。

その他、口腔顔面領域(歯、歯肉、顔、顎あるいは頭部や首、肩)に痛みを引き起こす頭蓋内の病気や異変の例として、腫瘍、脳動脈瘤、膿瘍、浮腫、血腫、出血などが挙げられます。口腔顔面領域に感じる痛みは、怖い病気の可能性があることを理解しておくのは重要です。もし、思い当たることがあれば、早目に歯科医師に相談することをお勧めします。

顎自体が痛みの原因ではない。顎関節症という病気。顎関節症について

顎関節症の原因には、私たちが日常生活の中で無意識に行っている習慣が影響している部分も多く、こうした生活習慣は私たち自身で自覚し、改めることで症状の予防や緩和が可能です。

皆さんは夜寝つきが悪かったり、歯ぎしりを指摘されたり、また日常生活でストレスを感じることが多くあるのではないでしょうか。
実は、これらはすべて顎関節症の原因となる要因であり、ある疫学調査の結果によると日本の人口のおよそ7~8割は顎に何らかの症状を持っていると言われています。

顎関節症とは、顎の関節や顎を動かす咀嚼筋に異常が起こり、「顎が痛い」、「口が開きにくい」、「口を開いたときに音がする」といった症状が現れる病気です。

また、前述の通り、これらの症状を持つことは特段珍しいことではなく、特別な治療をしなくてもやがて改善に向かい、自然に治まることも多い病気でもあります。ただし、口が開けづらく物が食べにくい、あるいは痛むなどして日常生活に支障があれば、歯科医院などでまずは検査を受けることをオススメします。

顎関節症の原因には、私たちが日常生活の中で無意識に行っている習慣が影響している部分も多く、こうした生活習慣は私たち自身で自覚し、改めることで症状の予防や緩和が可能です。

皆さんは夜寝つきが悪かったり、歯ぎしりを指摘されたり、また日常生活でストレスを感じることが多くあるのではないでしょうか。
実は、これらはすべて顎関節症の原因となる要因であり、ある疫学調査の結果によると日本の人口のおよそ7~8割は顎に何らかの症状を持っていると言われています。

顎関節症とは、顎の関節や顎を動かす咀嚼筋に異常が起こり、「顎が痛い」、「口が開きにくい」、「口を開いたときに音がする」といった症状が現れる病気です。

また、前述の通り、これらの症状を持つことは特段珍しいことではなく、特別な治療をしなくてもやがて改善に向かい、自然に治まることも多い病気でもあります。ただし、口が開けづらく物が食べにくい、あるいは痛むなどして日常生活に支障があれば、歯科医院などでまずは検査を受けることをオススメします。

顎関節症を引き起こす原因とは?

顎関節症の原因には、私たちが日常生活の中で無意識に行っている習慣が影響している部分が多く、こうした生活習慣を私たち自身で自覚し、改めることで症状の予防や緩和が可能です。
一般的に、顎関節症の発症に関わる生活習慣とは下記の通りです。

1)「歯ぎしりをしている」と言われたことがある。2)起床時、日中、気が付くと歯をくいしばっていることがある。3)食事の時は、いつも左右のどちらか決まった側で噛む。4)物事に対して神経質な面がある。5)職場や家庭で、ストレスを感じることが多い。6)夜、寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、途中で目が覚める。

上記の習慣は、顎関節症を引き起こすだけでなく、一度起こってしまうと長引かせて治りにくくする要因でもあります。 当てはまる項目の多い方は今一度生活習慣を見直してみましょう。

顎関節症の3つの症状と治療法

顎関節症は多様な症状や病態、原因からなる顎関節と咀嚼筋および頚部筋の障害をまとめた病名であり、こうした障害は様々な症状を引き起こします。顎関節症の引き起こす主要な症状は次の3つです。

顎関節症の主な症状

1)顎を動かす時(開閉時・咀嚼時)に痛みが生じる

顎関節症の第一の症状として、顎を動かした際に痛みが生じるといった障害が現れます。また、顎運動時の痛みは2種類に分類され、

滑膜炎、関節包あるいは円板後部結合組織における炎症による痛みによるものを「顎関節痛」と呼び、筋・筋膜疼痛で頭頚部および口腔顔面領域の持続性疼痛を「咀嚼筋痛」と呼びます。

顎関節症の第一の症状として、顎を動かした際に痛みが生じるといった障害が現れます。また、顎運動時の痛みは2種類に分類され、滑膜炎、関節包あるいは円板後部結合組織における炎症による痛みによるものを「顎関節痛」と呼び、筋・筋膜疼痛で頭頚部および口腔顔面領域の持続性疼痛を「咀嚼筋痛」と呼びます。

2)口が大きく開かない

通常、顎関節に病気がなければ自分の人差し指から薬指まで3本の指を縦にして口に入れることができます。

(約40mm)指三本が入らない場合には、顎関節、咀嚼筋に何らかの異常があると考えるべきです。

通常、顎関節に病気がなければ自分の人差し指から薬指まで3本の指を縦にして口に入れることができます。(約40mm)指三本が入らない場合には、顎関節、咀嚼筋に何らかの異常があると考えるべきです。

3)開口時にガリガリ、シャリシャリと音が鳴る

咀嚼時や大開口時にガリガリ・シャリシャリと音がしたり、カックンといった関節音が生ずることがあります。

ただし、こうした関節音は痛みを伴う時以外は治療の必要はありません。

咀嚼時や大開口時にガリガリ・シャリシャリと音がしたり、カックンといった関節音が生ずることがあります。
ただし、こうした関節音は痛みを伴う時以外は治療の必要はありません。

顎関節症の治療法

顎関節症は様々な要因によって引き起こされる病気であり、従来から言われているかみあわせの異常は多くの要因の中の一つです。原因が異なれば、それに対する治療法も異なります。

例として、日中のくいしばりなどが原因で顎関節症を引き起こしている場合には、くいしばりが現在の病態の原因となっていることを理解していただき、それを止めるように指導します。また、睡眠中の歯ぎしりで関節痛を引き起こしている場合は、関節への負荷を軽減させる目的で歯ぎしり対策のスプリントを就寝中に装着していただきます。

疼痛の強い方には非ステロイド系消炎鎮痛薬を投与します。また、筋痛に対しては負荷の軽減およびホットパック、大開口による筋ストレッチを指示します。

慢性筋痛や広範囲の筋痛および痛み神経の過敏化に対しては三環系抗うつ薬が効果的です。 原因別に様々な治療法がありますので、顎関節症の症状や原因に身に覚えのある方は早期にぜひ顎関節症の専門医に相談することをお勧めします。

顎関節症は様々な要因によって引き起こされる病気であり、従来から言われているかみあわせの異常は多くの要因の中の一つです。原因が異なれば、それに対する治療法も異なります。

例として、日中のくいしばりなどが原因で顎関節症を引き起こしている場合には、くいしばりが現在の病態の原因となっていることを理解していただき、それを止めるように指導します。また、睡眠中の歯ぎしりで関節痛を引き起こしている場合は、関節への負荷を軽減させる目的で歯ぎしり対策のスプリントを就寝中に装着していただきます。

疼痛の強い方には非ステロイド系消炎鎮痛薬を投与します。また、筋痛に対しては負荷の軽減およびホットパック、大開口による筋ストレッチを指示します。

慢性筋痛や広範囲の筋痛および痛み神経の過敏化に対しては三環系抗うつ薬が効果的です。 原因別に様々な治療法がありますので、顎関節症の症状や原因に身に覚えのある方は早期にぜひ顎関節症の専門医に相談することをお勧めします。

早期に顎関節症の専門医に相談することがお勧め!!
ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
顎関節症・口腔顔面痛について詳しくはこちら 浦和吉見歯科情報サイトへ 元赤坂吉見歯科情報サイトへ
顎関節症も含む、慢性的な歯、歯肉、顔、頭部、首、肩が痛むという症状の総称である、口腔顔面痛。口腔顔面痛について

慢性的に歯、歯肉、顔、顎あるいは頭部や首、肩が痛むといった症状を総称して『口腔顔面痛』といい、現代においては日本人口のおよそ3人に1人がかかっていると言われています。

原因の多くは『ストレス』や『心理的葛藤』であり、心身ともに緊張した状態が長く続いて睡眠障害等を引き起こし、やがては顎の痛みや違和感、肩こりなどの症状に悩まされることになります。

口腔顔面痛の原因は多岐に渡り、中には脳神経の異常や全身的障害によるケースもあるため、十分な注意が必要となります。

慢性的に歯、歯肉、顔、顎あるいは頭部や首、肩が痛むといった症状を総称して『口腔顔面痛』といい、現代においては日本人口のおよそ3人に1人がかかっていると言われています。

原因の多くは『ストレス』や『心理的葛藤』であり、心身ともに緊張した状態が長く続いて睡眠障害等を引き起こし、やがては顎の痛みや違和感、肩こりなどの症状に悩まされることになります。

口腔顔面痛の原因は多岐に渡り、中には脳神経の異常や全身的障害によるケースもあるため、十分な注意が必要となります。

口腔顔面痛が引き起こす原因と症状

口腔顔面痛の痛みの特徴は、ズキズキする鈍い痛みを持続的に感じる、また激しい痛みが断続的に起こるなどです。口腔顔面痛の原因、症状は多種多様ですが、多くの場合、下記の原因と症状が特徴的です。

非歯原性歯痛

歯が痛むにもかかわらず、どんなに調べても歯には異常が見つからない場合があります。 「非歯原性歯痛」と呼ばれ、歯科以外の原因で歯痛が生じています。非定型歯痛と言われている場合もあります。 最も多いのは、咀嚼筋の筋・筋膜疼痛の関連痛として歯痛が生ずる場合、痛みを脳に伝える神経の機能障害により歯痛が生ずる場合です。その他に、片頭痛、上顎洞炎に伴うもの、心因性の場合もあります。

顎関節や咀嚼筋に原因がある場合

顎関節症を訴える人はこの20年の間に急増しており、その中でも15〜20歳代の女性に顕著(男女比1:9)です。周辺部を含めた慢性的な痛みに加えて感覚の異常を訴える方が目立ちます。

目や鼻、耳など口腔周囲に病変がある場合

咀嚼筋と顎関節筋以外で、口腔周囲を構成している器官の病気や異変です。 例として、目、耳、鼻、副鼻腔、咽頭、唾液腺、リンパ節、裂隙、頚動脈、皮膚など。

頭蓋骨の中(頭蓋内)に病変がある場合

口腔顔面領域に痛みを引き起こす頭蓋内の病気や異変の例として、腫瘍、脳動脈瘤、膿瘍、浮腫、血腫、出血などが挙げられます。

三叉神経痛や持続的神経痛など神経に異常が原因である場合

神経系の機能異常によって引き起こされるものであり、症状には三叉神経痛に代表される「発作性」と、従来は非定型顔面痛と呼ばれた「持続性」の2種類に分類されます。

片頭痛や脳内出血など神経血管の異常が原因である場合

神経血管性の痛みは機能性頭痛(片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛など)と症候性頭痛(側頭動脈炎、脳内出血など)の2部に分かれます。

強いストレスなど心理的、感情的要因によって引き起こされる場合

強いストレスやうつ病など心理的・感情的な要因によって痛みを引き起こすことがあります。こうした痛みは心因性の痛みと言い、身体上には全く異常が見られず、感情的、心理的、精神的な障害によって引き起こされるものです。

口腔顔面痛の治療法

口腔顔面痛の原因は多岐に渡るため、その治療も原因別に対処しなくてはなりません。

また、痛みの原因が1つであるとは限らず、心理的要因によって引き起こされるものから

顎関節症が原因であるもの、その他副鼻腔炎、三叉神経痛、舌咽神経痛、非定型顔面痛(非定型歯痛を含む)、帯状疱疹(ヘルペス)後神経痛、群発頭痛、トローサ症候群など、原因となる病気が複数の科にわたるケースも決して珍しくないのです。

上記の理由により、口腔顔面痛の治療には歯科・口腔外科、ペインクリニック、耳鼻咽喉科、脳神経外科、神経内科、また精神神経科や心療内科など、複数の診療科間の相互協力が必要となります。

口腔顔面痛は苦しみが長引いたり、気分が落ち込んで眠れなくなるなど、日常生活に支障をきたすケースも多くみられます。その場合は、決して放置せず、早期にぜひ口腔顔面痛の専門医に相談することをお勧めします。

口腔顔面痛の原因は多岐に渡るため、その治療も原因別に対処しなくてはなりません。

また、痛みの原因が1つであるとは限らず、心理的要因によって引き起こされるものから顎関節症が原因であるもの、その他副鼻腔炎、三叉神経痛、舌咽神経痛、非定型顔面痛(非定型歯痛を含む)、帯状疱疹(ヘルペス)後神経痛、群発頭痛、トローサ症候群など、原因となる病気が複数の科にわたるケースも決して珍しくないのです。

上記の理由により、口腔顔面痛の治療には歯科・口腔外科、ペインクリニック、耳鼻咽喉科、脳神経外科、神経内科、また精神神経科や心療内科など、複数の診療科間の相互協力が必要となります。

口腔顔面痛は苦しみが長引いたり、気分が落ち込んで眠れなくなるなど、日常生活に支障をきたすケースも多くみられます。その場合は、決して放置せず、早期にぜひ口腔顔面痛の専門医に相談することをお勧めします。

早期に口腔顔面痛の専門医に相談することがお勧め!!
「顎関節症」の治療をする際の歯科医院の選び方3つのポイント
1)気軽に相談にのってもらえる歯科医師のいるクリニック

基礎的なことではありますが、穏やかで人当たりが良く身体だけでなく、顎の痛み・歯の痛みに悩んできた患者の気持ちのケアにも

心を砕くというスタンスの歯科医師がいるクリニックで相談することで、自身の要望に合う、自身に適した手法により、求める結果を得ることができるのではないでしょうか。
クリニックの方針や医院長のブログを読むなどして、クリニックのスタンスを見極めることがお勧めです。

基礎的なことではありますが、穏やかで人当たりが良く身体だけでなく、顎の痛み・歯の痛みに悩んできた患者の気持ちのケアにも心を砕くというスタンスの歯科医師がいるクリニックで相談することで、自身の要望に合う、自身に適した手法により、求める結果を得ることができるのではないでしょうか。
クリニックの方針や医院長のブログを読むなどして、クリニックのスタンスを見極めることがお勧めです。

2)インフォームドコンセントに重点を置き、分かりやすい説明をする歯科クリニック

説明をまったくしない歯科医師などいませんが、医療に素人である患者にも、わかりやすい説明を心掛け、気持ちの面もケアし

ながら説明してもらえる歯科クリニックを選ぶことがお勧めです。
特に、医院長のスタンスが、クリニック全体のスタンス・雰囲気にも表れます。医院を訪れる際の予約の電話対応などでも、判断することができますので、参考にしてください。

説明をまったくしない歯科医師などいませんが、医療に素人である患者にも、わかりやすい説明を心掛け、気持ちの面もケアしながら説明してもらえる歯科クリニックを選ぶことがお勧めです。
特に、医院長のスタンスが、クリニック全体のスタンス・雰囲気にも表れます。医院を訪れる際の予約の電話対応などでも、判断することができますので、参考にしてください。

3)『顎関節症』『口腔顔面痛』に精通した専門医が治療に携わる歯科クリニック

顎関節症・口腔顔面痛に関する新しい医療情報やテクノロジーへの情報収集を怠らず、患者の状態に適した治療をするため、

日々取り組む姿勢を持っている歯科クリニックを選ぶことで、自身に適した治療を受けることが可能となります。

顎関節症・口腔顔面痛に関する新しい医療情報やテクノロジーへの情報収集を怠らず、患者の状態に適した治療をするため、日々取り組む姿勢を持っている歯科クリニックを選ぶことで、自身に適した治療を受けることが可能となります。

歯科クリニック選びは自己責任となりますので、これのポイントを踏まえて慎重に選ぶことをお勧めします。

顎関節症についてよくあるご質問
  • 食べ物を噛むときに耳の前あたりで「カックン」という音がし軽い痛みを感じます。なんらかの治療を受けたほうがよいのでしょうか。
    Open or Close

    顎関節症の典型的な症状で、顎の開閉口で「カックン」という音は関節円板の転位よるもので若年者によく診られる症状です。音だけであれば治療の必要はありませんが、開閉口時に痛みを伴う場合や噛むときに痛みが生ずる場合には治療が必要になります。関節痛の最大の原因は睡眠中の歯ぎしりです。食事の後にアゴの疲れを感じるのはアゴを動かす咀嚼筋の症状です。日中、何かに集中している時や睡眠中にかみしめていたり、片側だけで咀嚼していたりすることによって筋肉に負担をかけていることが原因になります。痛みなどの症状があったら、我慢せずなるべく早めに歯科医師に相談することをお勧めします。

  • あくびをしたときや食べ物を咬むときに顎がガクガクし、痛みが出るようになりました。治療を受けた方が良いでしょうか。
    Open or Close

    口を開けたときに音がする、あくびと咬んだ際に痛みが出る事から顎関節症と思われます。顎関節症にはいくつかのタイプがあり、それぞれで治療法が異なります。アゴを動かして痛い場合には、関節の痛みと筋肉の痛みが考えられます。関節の痛み、筋肉の痛みの原因は就寝中に歯ぎしり、くいしばり、日中のかみしめで強い力が加わることです。睡眠が浅い場合のくいしばりや日中のかみしめによって咀嚼筋が緊張し、口を開けようとすると緊張した筋が伸ばされて痛い、開かないなどの症状が出ます、また、顎関節では下顎頭が関節窩に押しつけられ、痛い、圧迫部分の滑りが悪くなって開かない、あるいは音がするなどの症状が生じます。また、就寝中の歯ぎしりによって、関節を後方、前方に強く押しつけるなど大きな力がかかり、関節に炎症を引き起こします。痛みなどの症状があったら、我慢せずなるべく早めに歯科医師に相談することをお勧めします。
    近くに相談できる専門医がいない、今、治療を受けているが別な医師から意見を聞きたい場合などに、インターネットを介して専門医と対面型でより具体的な健康相談を行うことが出来きるようになっていますので、活用もお勧めします。

  • 顎やこめかみに鈍い痛みがあり歯科でスプリントを淹れてもらいましたが、夕方には頭痛も感じます。以前から内科で自律神経失調症と言われて体調が悪くなることがあります。顎やこめかみの痛みは治るでしょうか。
    Open or Close

    現在、こめかみの痛みで頭痛、下顎の頬の筋の鈍い痛みがあり、さらに、以前に歯科治療中に顎がガクガクした、口を大きく開けられない、等の症状があるのであれば、顎関節症の全ての症状をもっているようです。
    顎関節症患者の多くは質問者の様に、多くの症状を併発しています。それは症状を生じさせる原因が共通するからです。現在、顎関節症の第一の原因はくいしばり、歯ぎしりなど顎にとっては非機能的な動作をすることで顎関節、咀嚼筋に負担がかかりすぎることであるとされています。夜間就寝中のはぎしり、くいしばりが強い場合には起床時に症状が強く、日中のくいしばりが強い場合には午後から夕方にかけて症状が強くなっていきます。
    顎関節症の発症は、この質問者のように歯科治療がきっかけになることが多いようです。はぎしり、くいしばりにより顎関節症が発症するほどではないがある程度に負荷が掛かっている状態の人が、歯科治療により長時間開口していると、さらに筋の負荷が高まったり、関節への負荷が加わったりして、限界を越えて関節痛、筋痛が発症します。また、質問者の既往歴にある自律神経失調症が顎関節症と関連することがあります。自律神経失調症は正しい病名ではありませんが、自律神経が関わる様々な生体調整が正常になされていないことを指し、交感神経過緊張により筋緊張が生じたり、睡眠障害により睡眠中のくいしばりによって筋緊張が高まっていることがあります。
    治療にあたっては、専門医による原因と症状の見極めが必要ですので、なるべく早めに歯科医師に相談することをお勧めします。

  • 朝目が覚めて、初めて口を開けるときに大きな音がし、強い痛みが出ます。握り寿司は二つに分けないと食べられません。口腔外科では手術を勧められましたが、やはり手術をしないと治らないでしょうか。
    Open or Close

    痛みが出る、アゴがだるい、握り寿司を二つにして食べる、大さじが使えないなどを合わせて考えると、顎関節と咀嚼筋の両方に症状があると思われます。両方に問題がある場合は最初に顎関節の痛みを治療します。顎関節痛は基本的に歯ぎしりによる炎症ですから、歯ぎしり対策のスプリントを使ってもらいます。また、痛い側で咬まないようにしてもらいます。食事に支障がある程の痛みの場合には消炎鎮痛薬を服用してもらいます。以上の治療により関節の痛みが消えるはずです。
    アゴを動かしても痛くない状況になったところで、咀嚼筋の治療を始めます。咀嚼筋の治療は第一に日中に持続的緊張させない、つまり、アゴが強ばっていないか気をつける、また、痛い側では咀嚼しない事は関節痛と共通です。次に積極的に1時間に一回、5-10秒の3横指開口ストレッチを数回して、拘縮した咀嚼筋を伸展させます。以上の治療により関節症状、筋症状が改善するはずです。
    顎関節症では手術の必要性はほとんどありませんが、睡眠障害と併せて心理精神的な原因が関与している場合もあり、専門医による診察が望ましいと思いますので、なるべく早めに歯科医師に相談することをお勧めします。

  • 口腔顔面痛についてよくあるご質問(顎関節症に悩まれている方もぜひご参考ください)
  • 口腔顔面痛とはどんな痛みのことですか
    Open or Close

    歯痛、歯肉痛を含めて舌、口腔粘膜の痛みなど、口の中のいろいろな痛み、顎の痛み、顔の痛みなどを全部まとめて口腔顔面痛と呼びます。もう一つの意味は、そのような痛みの中でなかなか診断がつかず、治らない痛みを指すこともあります。

  • 歯が痛くても、歯に原因がないことがあるのですか
    Open or Close

    歯に原因がないが、いかにも歯が痛いように感じられることがあります、そのような歯の痛みを非歯原性歯痛と呼びます。口腔顔面痛のなかで最も頻度の高い痛みです。非歯原性歯痛の原因は痛みを感じている歯には無く、別な部分にあります。痛いところに原因がないので、正しく診断されないことが多いです。そして、歯にいたみを感じるので、歯の治療を受けていることが多いのですが、残念ながら歯が原因ではないので、治療しても治りません。

  • 非歯原性歯痛の診断は難しいのですか
    Open or Close

    歯が痛かったら、痛い歯に原因があると考えるのは歯科医師も同じです。何時もの歯痛とは何かが違う、歯には原因がないということは判りますが、非歯原性歯痛の考え方は従来の歯科教育にはなかったものなので、専門医でないと、何が原因であるかまで突き止めることはできません。現在、歯科医師国家試験に非歯原性歯痛に関する問題が毎年出題されていますので、将来的に全ての歯科医師が診断できるようになると思います。

  • 非歯原性歯痛の治療は歯科医師なら誰でもできますか
    Open or Close

    全ての歯科医師が非歯原性歯痛の原因まで診断できる訳ではありません。そのため、非歯原性歯痛の治療を全ての歯科医師が出来るわけではありません。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
顎関節症・口腔顔面痛について詳しくはこちら 浦和吉見歯科情報サイトへ 元赤坂吉見歯科情報サイトへ
『顎関節症』『口腔顔面痛』の治療を考えているあなたへ

「顎関節症とは痛みを伴う下顎の機能障害」と定義されています。
かつて、顎関節症は、米国口腔顔面痛学会をはじめとする世界中の医師・歯科医師の「研究の成果として確立された現在の治療方法」とは異なる考え方の下で治療が行なわれた時代がありました。

日本では、顎関節症の原因が「咬み合わせ」にあるということが定説であった時代があり、多くの歯科医師が顎関節症の治療として「歯を削ったり」「歯にかぶせたり」と盛んに口の中に、痛みの原因を求めていました。
過去に定説とされていた治療方法が誤りであったことが研究の成果として科学的に立証された現在であっても、歯列矯正や歯冠修復で顎関節症が治ると考えている歯科医師のもとで治療を受けたという患者様が相談にお越しになられることがあります。

現在、顎関節症を口腔顔面痛(OFP:Orofacial pain)のひとつとしてとらえ、Bio-Psycho-Socialという複合的な要因で引き起こされる疾患だと考えることが推奨されています。顎関節症の治療は、歯科・口腔外科において過去10年で大きく研究が進み、治療方法が進化した分野と言えると思います。
当然ですが、歯科医師は新しい研究や新しいコンセンサスをふまえた顎関節症の診断法や治療法を身につけていかなくてはなりません。

近年、顎関節症治療のスペシャリストである米国口腔顔面痛学会(AAOP)の日本人認定医たちが、一人でも多くの顎関節症の診断や治療が適切に行える歯科医師を育てようと、日本国内で必死の努力を続けています。しかしながら、米国口腔顔面痛学会(AAOP)の日本人認定医は、日本に10万人近くいる歯科医師の中のわずか数人という状況です。

当院の顎関節症治療は、国際的に認知されている新しい治療ガイドラインに基づいた治療を原則としています。
また、高次医療機関への紹介も行なっています。個人差はありますが、顎関節症の症状のほとんどが1ヶ月程度の治療で問題がない程度にまで改善します。しかし、顎関節症は長びくと病態が複雑化し、治療も長期にわたることがあります。そのため、少しでも気になる症状があれば、できるだけ早い時点での受診をお勧めします。

「顎関節症とは痛みを伴う下顎の機能障害」と定義されています。
かつて、顎関節症は、米国口腔顔面痛学会をはじめとする世界中の医師・歯科医師の「研究の成果として確立された現在の治療方法」とは異なる考え方の下で治療が行なわれた時代がありました。

日本では、顎関節症の原因が「咬み合わせ」にあるということが定説であった時代があり、多くの歯科医師が顎関節症の治療として「歯を削ったり」「歯にかぶせたり」と盛んに口の中に、痛みの原因を求めていました。
過去に定説とされていた治療方法が誤りであったことが研究の成果として科学的に立証された現在であっても、歯列矯正や歯冠修復で顎関節症が治ると考えている歯科医師のもとで治療を受けたという患者様が相談にお越しになられることがあります。

現在、顎関節症を口腔顔面痛(OFP:Orofacial pain)のひとつとしてとらえ、Bio-Psycho-Socialという複合的な要因で引き起こされる疾患だと考えることが推奨されています。顎関節症の治療は、歯科・口腔外科において過去10年で大きく研究

が進み、治療方法が進化した分野と言えると思います。
当然ですが、歯科医師は新しい研究や新しいコンセンサスをふまえた顎関節症の診断法や治療法を身につけていかなくてはなりません。

近年、顎関節症治療のスペシャリストである米国口腔顔面痛学会(AAOP)の日本人認定医たちが、一人でも多くの顎関節症の診断や治療が適切に行える歯科医師を育てようと、日本国内で必死の努力を続けています。しかしながら、米国口腔顔面痛学会(AAOP)の日本人認定医は、日本に10万人近くいる歯科医師の中のわずか数人という状況です。

当院の顎関節症治療は、国際的に認知されている新しい治療ガイドラインに基づいた治療を原則としています。
また、高次医療機関への紹介も行なっています。個人差はありますが、顎関節症の症状のほとんどが1ヶ月程度の治療で問題がない程度にまで改善します。しかし、顎関節症は長びくと病態が複雑化し、治療も長期にわたることがあります。そのため、少しでも気になる症状があれば、できるだけ早い時点での受診をお勧めします。

浦和吉見歯科クリニック 口腔顔面痛専門外来主治医 和嶋浩一
元赤坂吉見歯科 顎関節症・口腔顔面痛センター センター長
略 歴
1978年3月 神奈川歯科大学歯学部卒業
1978年5月 慶應義塾大学病院研修医(歯科口腔外科)
1980年5月 慶應義塾大学助手(医学部歯科口腔外科学教室)
1995年5月 慶應義塾大学専任講師(医学部歯科口腔外科教室)
2017年4月 ・慶應義塾大学非常勤講師
・昭和大学歯学部兼任講師
・浦和吉見歯科クリニック口腔顔面痛専門外来主治医
資格等
日本顎関節学会 ・理事
・指導医
・歯科顎関節症専門医
日本口腔顔面痛学会 ・元理事長
・指導医
・専門医
日本頭痛学会 ・理事
・指導医
・頭痛専門医
アジア口腔顔面痛学会 ・理事長
米国口腔顔面痛学会 ・認定医
講演の様子
所属学会
日本顎関節学会
日本口腔顔面痛学会
日本頭痛学会
アジア口腔顔面痛学会〔Asian Academy of Craniomandibular Disorders〕
米国口腔顔面痛学会〔American academy of orofacial pain〕
所属学会
2004年 日本顎関節学会雑誌16(3) 220ー223
『両側慢性耳下腺炎に起因したと思われる両側骨性顎関節強直症の1例(共同執筆)』
2004年 日本頭痛学会雑誌31(2) 155
『頭痛に影響する睡眠障害(共同執筆)』
2004年 日本顎関節症学会雑誌16(1) 28-29
『顎機能障害の要因と解析顎関節症患者の睡眠障害調査(共同執筆)』
2004年 歯界展望 103(3) 577-583
『For Biginners いちばんわかりやすいTMDの診断と治療』
『3.TMDの病態診査−関節、筋に生じている病態を把握するために−』
浦和吉見歯科クリニック 口腔顔面痛専門外来主治医 和嶋浩一
元赤坂吉見歯科 顎関節症・口腔顔面痛センター センター長
1978年3月 神奈川歯科大学歯学部卒業
1978年5月 慶應義塾大学病院研修医(歯科口腔外科)
1980年5月 慶應義塾大学助手(医学部歯科口腔外科学教室)
1995年5月 慶應義塾大学専任講師(医学部歯科口腔外科教室)
2017年4月 ・慶應義塾大学非常勤講師
・昭和大学歯学部兼任講師
・浦和吉見歯科クリニック口腔顔面痛専門外来主治医
日本顎関節学会 ・理事
・指導医
・歯科顎関節症専門医
日本口腔顔面痛学会 ・元理事長
・指導医
・専門医
日本頭痛学会 ・理事
・指導医
・頭痛専門医
アジア口腔顔面痛学会 ・理事長
米国口腔顔面痛学会 ・認定医
日本顎関節学会
日本口腔顔面痛学会員
日本頭痛学会
アジア口腔顔面痛学会〔Asian Academy of Craniomandibular Disorders〕
米国口腔顔面痛学会〔American academy of orofacial pain〕
2004年 日本顎関節学会雑誌16(3) 220ー223
『両側慢性耳下腺炎に起因したと思われる両側骨性顎関節強直症の1例(共同執筆)』
2004年 日本頭痛学会雑誌31(2) 155
『頭痛に影響する睡眠障害(共同執筆)』
2004年 日本顎関節症学会雑誌16(1) 28-29
『顎機能障害の要因と解析顎関節症患者の睡眠障害調査(共同執筆)』
2004年 歯界展望 103(3) 577-583
『For Biginners いちばんわかりやすいTMDの診断と治療』
『3.TMDの病態診査−関節、筋に生じている病態を把握するために−』
講演の様子
浦和吉見歯科クリニック 口腔顔面痛専門外来主治医 和嶋浩一から、顎の痛みでお悩みの皆さんへ
思春期のお子さんをお持ちのお母さまへ
新卒で入社した直後の新社会人、もしくは社会人1年生の皆さんへ
社内異動や転職などをお考えの社会人の皆さんへ
不慣れな土地に転居してきた皆さんへ
歯の治療で長時間口を開けた後に顎に違和感を覚えた皆さんへ
古傷が原因と思われる痛みを顎に感じられた皆さんへ
思春期のお子さんをお持ちのお母さまへ
思春期のお子さんをお持ちのお母さまへ

10代半ばのお子さんをお持ちのお母さまであれば、部活や勉強に打ち込んでいるお子さんの姿が誇らしいのではないでしょうか。お子さんが元気に、自分の夢に向かって一歩一歩進んでいる姿を見るのは、親としての喜びであるように思います。

思春期を迎えたお子さんは、これからいろいろなことを経験されることでしょう。そういったことを考えるだけで、親としての嬉しくなってしまいのではないでしょうか。本当にお子さんの将来は楽しみなものですよね。

しかし、そんなお子さんが家族で夕食を取っている時に、「食べるときに顎が痛い」「最近口が開けづらい」など訴えてきた際には、ご不安に思われるのではないでしょうか。

こういった状況の場合、顎関節症の可能性があります。顎関節症であったには場合、放っておくと口をほとんど開けられなくなってしまうなどのケースもあります。お子さんが受験勉強や部活の大会のために、全力で努力ができるようにするためにも、お子さんを促し、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

10代半ばのお子さんをお持ちのお母さまであれば、部活や勉強に打ち込んでいるお子さんの姿が誇らしいのではないでしょうか。お子さんが元気に、自分の夢に向かって一歩一歩進んでいる姿を見るのは、親としての喜びであるように思います。

思春期を迎えたお子さんは、これからいろいろなことを経験されることでしょう。そういったことを考えるだけで、親としての嬉しくなってしまいのではないでしょうか。本当にお子さんの将来は楽しみなものですよね。

しかし、そんなお子さんが家族で夕食を取っている時に、「食

べるときに顎が痛い」「最近口が開けづらい」など訴えてきた際には、ご不安に思われるのではないでしょうか。

こういった状況の場合、顎関節症の可能性があります。顎関節症であったには場合、放っておくと口をほとんど開けられなくなってしまうなどのケースもあります。お子さんが受験勉強や部活の大会のために、全力で努力ができるようにするためにも、お子さんを促し、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
顎関節症・口腔顔面痛について詳しくはこちら 浦和吉見歯科情報サイトへ 元赤坂吉見歯科情報サイトへ
新卒で入社した直後の新社会人、もしくは社会人1年生の皆さんへ
新卒で入社した直後の新社会人、もしくは社会人1年生の皆さんへ

学生時代とは違い、気を引き締めて新たなスタートを切ることに思いを馳せ、期待と不安の両方で一杯なのが、新社会人の皆さんだと思います。

小学校から数えて大学卒業までであれば、少なくとも16年の学生生活が終わり、社会人としての人生が始まります。会社員であれば、60歳まで約40年間働き続ける訳ですが、最初のスタートは綺麗に切りたいものだと誰もが考えるのではないでしょうか。

新社会人として仕事をするようになると、学生の時とは打って変わって生活は一変し、プレッシャーも感じるようになります。毎日6時台には規則正しく起床し、朝の身支度を手早く整え出勤、朝一で予定を確認し、抜かりなく仕事を進める段取りをすることが社会人1年目には求められます。学生から社会人に生活リズムを変えるだけではなく、頭の使い方や気の配り方なども変えなければいけないため、戸惑う方も多いのではないでしょうか。

そういった中で、もし夕方が近づくにつれ、顎の怠さが強くなり、夕食の際に食べづらいと言ったことがあった場合には、ストレスからくいしばりが強くなったり、肩が強張ったりすることなどによる顎関節症の可能性がありますので、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

学生時代とは違い、気を引き締めて新たなスタートを切ることに思いを馳せ、期待と不安の両方で一杯なのが、新社会人の皆さんだと思います。

小学校から数えて大学卒業までであれば、少なくとも16年の学生生活が終わり、社会人としての人生が始まります。会社員であれば、60歳まで約40年間働き続ける訳ですが、最初のスタートは綺麗に切りたいものだと誰もが考えるのではないでしょうか。

新社会人として仕事をするようになると、学生の時とは打って変わって生活は一変し、プレッシャーも感じるようになります。毎日6時台には規則正しく起床し、朝の身支度を手早く整え出勤、朝一で予定を確認し、抜かりなく仕事を

進める段取りをすることが社会人1年目には求められます。学生から社会人に生活リズムを変えるだけではなく、頭の使い方や気の配り方なども変えなければいけないため、戸惑う方も多いのではないでしょうか。

そういった中で、もし夕方が近づくにつれ、顎の怠さが強くなり、夕食の際に食べづらいと言ったことがあった場合には、ストレスからくいしばりが強くなったり、肩が強張ったりすることなどによる顎関節症の可能性がありますので、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
顎関節症・口腔顔面痛について詳しくはこちら 浦和吉見歯科情報サイトへ 元赤坂吉見歯科情報サイトへ
社内異動や転職などをお考えの社会人の皆さんへ
社内異動や転職などをお考えの社会人の皆さんへ

社内の異動や転職の際には、新しい環境で成果を出すべく張り切り、これまで以上に仕事に取り組む方も多くいらっしゃると思います。新天地で成果を出すことは、将来を明るいものにするためにも重要なことですが、異動・転職直後は頑張りすぎてしまうこともあるかと思います。

働き過ぎによる過労やストレスのため過ぎには十分気を付けたいものですね。

しかし、いくら気を付けていても、責任感も強く性格的に頑張りすぎてしまうタイプの方の中には、実は繊細で自分でも少し神経質な性格であると自覚している方もいらっしゃいます。そういった方の場合で特に、異動・転職に際してリーダーからマネージャーに役割が変わった場合などには起こりがちなことがあります。従来の仕事よりレベルの高い仕事にチャレンジすることになるため、早い段階で成果を出そうと真摯に仕事に取り組むあまり、プレッシャーを過剰に感じてしまい、日常生活において気が付くと顎の関節がガクガクするようになり、あくびの際に口を大きく開けると痛みを感じるようになってしまうケースがあります。

こういった状況の場合、顎関節症の可能性がありますので、1日でも早く万全な状態で仕事が出来るようになるためにも、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

社内の異動や転職の際には、新しい環境で成果を出すべく張り切り、これまで以上に仕事に取り組む方も多くいらっしゃると思います。新天地で成果を出すことは、将来を明るいものにするためにも重要なことですが、異動・転職直後は頑張りすぎてしまうこともあるかと思います。働き過ぎによる過労やストレスのため過ぎには十分気を付けたいものですね。

しかし、いくら気を付けていても、責任感も強く性格的に頑張りすぎてしまうタイプの方の中には、実は繊細で自分でも少し神経質な性格であると自覚している方もいらっしゃいます。そういった方の場合で特に、異動・転職に際してリーダーからマネージャーに役割が変わった場合などには起こりがちなことがあります。

従来の仕事よりレベルの高い仕事にチャレンジすることになるため、早い段階で成果を出そうと真摯に仕事に取り組むあまり、プレッシャーを過剰に感じてしまい、日常生活において気が付くと顎の関節がガクガクするようになり、あくびの際に口を大きく開けると痛みを感じるようになってしまうケースがあります。

こういった状況の場合、顎関節症の可能性がありますので、1日でも早く万全な状態で仕事が出来るようになるためにも、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
顎関節症・口腔顔面痛について詳しくはこちら 浦和吉見歯科情報サイトへ 元赤坂吉見歯科情報サイトへ
不慣れな土地に転居してきた皆さんへ
不慣れな土地に転居してきた皆さんへ

春や秋には、企業では組織改編に伴う異動の多い時期となります。また、新築のマンションへの入居なども多い時期と言えます。春や秋などの引っ越しシーズンに伴い、旦那さんの転勤やマンションを購入したなどの理由で転居した方であれば、1日も早く新しい環境になじんで、従来の生活リズムに戻したいものでよね。

しかし、中には転居した後に、元々住んでいた地域とのカルチャーや生活環境が異なる中で、子育てや近所付き合いなどの面で中々馴染むことができず、戸惑っていらっしゃる方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

会社勤めで仕事をしている場合であれば、顔見知りの同僚などとのコミュニケーションをとることが多くありますが、主婦の方の場合は自宅近くで過ごされる時間が1日の大半を占めることになるため、新しい環境になじめない場合、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまいがちです。
新天地とはいえ、1年程経てば生活も落ち着いてくるものだと思います。しかし、生活の落ち着きとは裏腹に、新生活になってからたまってきたストレスが根本的な原因となり、これまで何ともなかった顎に違和感を覚え、音が聞こえるようになり、更に食事をとりにくなったり、口を大きく開けた際に顎に痛みを伴うようになったりというケースがあります。

こういった状況の場合、顎関節症の可能性がありますので、1日も早く転居前の元気な身体の状態に戻すためにも、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

春や秋には、企業では組織改編に伴う異動の多い時期となります。また、新築のマンションへの入居なども多い時期と言えます。春や秋などの引っ越しシーズンに伴い、旦那さんの転勤やマンションを購入したなどの理由で転居した方であれば、1日も早く新しい環境になじんで、従来の生活リズムに戻したいものでよね。

しかし、中には転居した後に、元々住んでいた地域とのカルチャーや生活環境が異なる中で、子育てや近所付き合いなどの面で中々馴染むことができず、戸惑っていらっしゃる方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

会社勤めで仕事をしている場合であれば、顔見知りの同僚などとのコミュニケーションをとることが多くありますが、主婦の方の場合は自宅近くで過ごされる時間が1日の大半を占めることになるため、新しい環境になじめない場合、

知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまいがちです。
新天地とはいえ、1年程経てば生活も落ち着いてくるものだと思います。しかし、生活の落ち着きとは裏腹に、新生活になってからたまってきたストレスが根本的な原因となり、これまで何ともなかった顎に違和感を覚え、音が聞こえるようになり、更に食事をとりにくなったり、口を大きく開けた際に顎に痛みを伴うようになったりというケースがあります。

こういった状況の場合、顎関節症の可能性がありますので、1日も早く転居前の元気な身体の状態に戻すためにも、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
顎関節症・口腔顔面痛について詳しくはこちら 浦和吉見歯科情報サイトへ 元赤坂吉見歯科情報サイトへ
歯の治療で長時間口を開けた後に顎に違和感を覚えた皆さんへ
歯の治療で長時間口を開けた後に顎に違和感を覚えた皆さんへ

自営業を旦那さんと共に切り盛りされ、お子さんも大学生や高校生に心身ともに健康に育っている状況にある方であれば、日々の充実感を感じていらっしゃるように思います。

サークルや部活動、就職活動に勉強にと、お子さんそれぞれが、今しかできないことに打ち込んでいる姿を親として見守るのは、最も幸せを感じる瞬間かもしれませんね。

そうした日々の幸せな時間をお過ごしされていらっしゃる中、歯の治療のため通院した歯科医院で、歯の治療のため長時間口を開けたままにした後、それまで感じなかった顎への違和感を覚えてから日増しに悪化してしまうなどの状況になってしまったとしたら、非常にご不安のことと思います。

歯の治療がきっかけになる場合だけではなく、その普段しないことをしたために、顎に違和感を感じるようになり、中には顎だけではなくこめかみのあたりにも、鈍い痛みを感じるようになってしまう方もいらっしゃいます。

そういった方の中には、原因が分からないため、内科で診察を受けるも自律神経失調症と言われ、処方された薬を飲んでいるが、改善傾向がみられないため、このまま薬を飲み続けてもいいものかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こういった状況の場合、顎関節症の可能性があります。痛みが改善されないと、ご家族にも心配をかけてしまいますし、早く元の状態に戻るためにも、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

自営業を旦那さんと共に切り盛りされ、お子さんも大学生や高校生に心身ともに健康に育っている状況にある方であれば、日々の充実感を感じていらっしゃるように思います。サークルや部活動、就職活動に勉強にと、お子さんそれぞれが、今しかできないことに打ち込んでいる姿を親として見守るのは、最も幸せを感じる瞬間かもしれませんね。

そうした日々の幸せな時間をお過ごしされていらっしゃる中、歯の治療のため通院した歯科医院で、歯の治療のため長時間口を開けたままにした後、それまで感じなかった顎への違和感を覚えてから日増しに悪化してしまうなどの状況になってしまったとしたら、非常にご不安のことと思います。

歯の治療がきっかけになる場合だけではなく、その普段しないことをしたために、顎に違和感を感じるようになり、

中には顎だけではなくこめかみのあたりにも、鈍い痛みを感じるようになってしまう方もいらっしゃいます。

そういった方の中には、原因が分からないため、内科で診察を受けるも自律神経失調症と言われ、処方された薬を飲んでいるが、改善傾向がみられないため、このまま薬を飲み続けてもいいものかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こういった状況の場合、顎関節症の可能性があります。痛みが改善されないと、ご家族にも心配をかけてしまいますし、早く元の状態に戻るためにも、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
顎関節症・口腔顔面痛について詳しくはこちら 浦和吉見歯科情報サイトへ 元赤坂吉見歯科情報サイトへ
古傷が原因と思われる痛みを顎に感じられた皆さんへ
古傷が原因と思われる痛みを顎に感じられた皆さんへ

団塊世代の方であれば、高校を卒業した後、地元のメーカーで一心不乱に働き、家族を養い育てた子供も今は独立して所帯をもち家族に囲まれて幸せに暮らしている。親としての務めたことに対する満足感と共に、毎月自宅に遊びにくるお孫さんとの時間を楽しんでいるといった方も多いのではないでしょうか。

現在は、奥さまと二人で、ふたりで川縁をさんぽしたり、娘・息子夫婦と孫と一緒の親子三世代旅行に1年に1回出かけるなど、ご自身としても満足のいく生活ができている方であれば、日々のんびり穏やかに過ごされていることと思います。

しかしながら、こういった幸せな時間を過ごされていらっしゃる方の中にも、古傷が原因で顎に違和感を覚え、痛みやだるさを覚えるようになってしまうというシニアの方が少なからずいらっしゃいます。

例えば、「若い時に顎がはずれてしまったなどのきっかけで顎から音がなるようになり、これまでは痛みなどは感じていなかったため気にしていなかったが、最近になって食事の時に少し長くかんでいると顎が疲れるという症状が顕著になってきた」というような方がいらっしゃれば、こういった状況の場合、顎関節症の可能性があります。

顎の痛みや怠さが日増しに強くなっているような場合、ご家族にも心配をかけてしまいますし、早く元の状態に戻るためにも、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

団塊世代の方であれば、高校を卒業した後、地元のメーカーで一心不乱に働き、家族を養い育てた子供も今は独立して所帯をもち家族に囲まれて幸せに暮らしている。親としての務めたことに対する満足感と共に、毎月自宅に遊びにくるお孫さんとの時間を楽しんでいるといった方も多いのではないでしょうか。

現在は、奥さまと二人で、ふたりで川縁をさんぽしたり、娘・息子夫婦と孫と一緒の親子三世代旅行に1年に1回出かけるなど、ご自身としても満足のいく生活ができている方であれば、日々のんびり穏やかに過ごされていることと思います。

しかしながら、こういった幸せな時間を過ごされていらっしゃる方の中にも、古傷が原因で顎に違和感を覚え、痛みやだるさを覚えるようになってしまうというシニアの方が

少なからずいらっしゃいます。

例えば、「若い時に顎がはずれてしまったなどのきっかけで顎から音がなるようになり、これまでは痛みなどは感じていなかったため気にしていなかったが、最近になって食事の時に少し長くかんでいると顎が疲れるという症状が顕著になってきた」というような方がいらっしゃれば、こういった状況の場合、顎関節症の可能性があります。

顎の痛みや怠さが日増しに強くなっているような場合、ご家族にも心配をかけてしまいますし、早く元の状態に戻るためにも、早いタイミングで歯科医師にご相談されることをお勧めします。

まずは、当院に関わらず、「顎関節症・口腔顔面痛に精通した歯科医院」にご相談ください。

ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
顎関節症・口腔顔面痛について詳しくはこちら 浦和吉見歯科情報サイトへ 元赤坂吉見歯科情報サイトへ
顎関節症を「口腔顔面痛のひとつ」と捉え、複合的な要因で引き起こされる疾患だと考えることが推奨されています。

「顎」や「歯」そのものが原因ではない、「顎」や「歯」の痛みについて悩み抱えているあなたへ。

この度は最後までご覧いただきありがとうございます。医療法人隆聖会吉見歯科グループ 総院長の吉見です。

今回、「『顎の痛み』『歯の痛み』に悩む方に知って頂きたい『顎関節症』・『口腔顔面痛』についてご紹介!」
と題した、このページを用意した理由は、日々患者様と接する中で、「正しい情報をお持ちでないがために、患者様自身に適した顎関節症・口腔顔面痛の治療を受けられない」方が多いのではないかと感じたことがきっかけです。
実際に、非常に多くの方が、当院に来るまでは、「顎の痛みが咬み合わせが原因とは限らない」「歯の痛みが歯自体ではない」場合があるということを知る機会がなかったようです。
しかし、当院に来て説明を受けたことで、顎や歯の痛みの原因が、顎や歯そのもの以外の原因によることがあることに気づかれますが、より多くの方に知って頂きたいとの思いから、情報を発信したいと考えました。このページでお伝えした内容が、ご自身の要望にあった顎関節症・口腔顔面痛の治療をするための一助になれば幸いです。

「顎」や「歯」そのものが原因ではない、「顎」や「歯」の痛みについて悩み抱えているあなたへ。

この度は最後までご覧いただきありがとうございます。医療法人隆聖会吉見歯科グループ 総院長の吉見です。

今回、「『顎の痛み』『歯の痛み』に悩む方に知って頂きたい『顎関節症』・『口腔顔面痛』についてご紹介!」
と題した、このページを用意した理由は、日々患者様と接する中で、「正しい情報をお持ちでないがために、患者様自身に適した顎関節症・口腔顔面痛の治療を受けられない」方が

多いのではないかと感じたことがきっかけです。
実際に、非常に多くの方が、当院に来るまでは、「顎の痛みが咬み合わせが原因とは限らない」「歯の痛みが歯自体ではない」場合があるということを知る機会がなかったようです。
しかし、当院に来て説明を受けたことで、顎や歯の痛みの原因が、顎や歯そのもの以外の原因によることがあることに気づかれますが、より多くの方に知って頂きたいとの思いから、情報を発信したいと考えました。このページでお伝えした内容が、ご自身の要望にあった顎関節症・口腔顔面痛の治療をするための一助になれば幸いです。

医療法人隆聖会理事長 吉見歯科口腔外科クリニック、総院長 吉見洋志

北海道大学 客員臨床教授
セブ医科大学 客員講師
インディアナ大学 客員講師

略 歴
平成 6年 国立徳島大学歯学部歯学科卒
平成 6年 歯科単科の専門病院入局
平成 13年 広域医療法人 院長
平成 17年 吉見歯科・口腔外科クリニック設立
平成 24年 浦和吉見歯科クリニック設立
平成 26年 吉見歯科春日部診療所設立
平成 27年 元赤坂吉見歯科/顎関節症・口腔顔面痛センター設立
資格等
日本臨床歯周病学会認定医
歯科エックス線優良医
ドライマウス研究会認定医
厚生労働省歯科医師臨床研 修指導医
所属学会
日本臨床歯周病学会正会員
米国歯周病学会会員
日本歯周病学会正会員
日本口腔外科学会正会員
日本口腔顔面痛学会正会員
日本顎関節学会正会員
日本歯科放射線学会正会員
日本頭痛学会正会員
アジア頭蓋下顎機能障害学会正会員
最近の論文著書等
2005年 歯界展望105巻1号「歯根膜に起因する痛み」
2008年 ラタイチャーク歯周病学(共同翻訳)

北海道大学 客員臨床教授
セブ医科大学 客員講師
インディアナ大学 客員講師

平成 6年 国立徳島大学歯学部歯学科卒
平成 6年 歯科単科の専門病院入局
平成13年 広域医療法人 院長
平成17年 吉見歯科・口腔外科クリニック設立
平成24年 浦和吉見歯科クリニック設立
平成26年 吉見歯科春日部診療所設立
平成27年 元赤坂吉見歯科/顎関節症・口腔顔面痛センター設立
日本臨床歯周病学会認定医
歯科エックス線優良医
ドライマウス研究会認定医
厚生労働省歯科医師臨床研 修指導医
日本臨床歯周病学会正会員
米国歯周病学会会員
日本歯周病学会正会員
日本口腔外科学会正会員
日本口腔顔面痛学会正会員
日本顎関節学会正会員
日本歯科放射線学会正会員
日本頭痛学会正会員
アジア頭蓋下顎機能障害学会正会員
2005年 歯界展望105巻1号 「歯根膜に起因する痛み」
2008年 ラタイチャーク 歯周病学 (共同翻訳)
ご予約・ご相談などお問い合わせはこちら
フォーム
お問い合わせ
顎関節症・口腔顔面痛について詳しくはこちら 浦和吉見歯科情報サイトへ 元赤坂吉見歯科情報サイトへ
^